チェ・ジェヒョン

バクローズ
181cm | 75キロ

チーム バロー、自己紹介をお願いします。

私たちは、Street Workout と呼ばれる非主流のチームです。

路上での運動は、誰でもできる裸体運動として自然発生的に始まり、今では文化現象やビジネス モデルになりつつあります。

Bacrowse チームは 2015 年に結成され、スポーツを楽しむ人々が自然に集まって作成されました。 2019年1月にチームに加わりました。

普段どんな運動をしていますか?

正式名称は体操で、美容体操とも言えます。

しかし、美容体操という言葉は少し曖昧に聞こえるかもしれないので、私はストリートワークアウトをストリートエクササイズ、つまり素体のエクササイズと表現しています.

個人的にはクライミングの練習もしています。

かっこいいクライミングですね。クライミングの魅力とは?

裸体運動3、4年目に運動マンネリに。そしたら、たまたま同じメンバーが登っているのを見かけて、真似して楽しんでいました。運動習慣を変えるために始めたのですが、やればやるほど魅力的になります。

クライミングは自分との完全な戦いです。問題に直面したとき、自分の考えで解決していく過程に達成感を感じます。楽しいからもっとやると思う。

クライミングで最も難しい動きは何ですか?

クライミングは全身運動なので、腕と足を同時に使わなければなりません。足をうまく使うのは特に難しいです。そして、ホールドを抑えることも重要です。

問題のあるホールドがたくさんあります。腕が上がれば指の力も必要になってきますし、指は靭帯損傷が多いので、動きのコントロールには気をつけなければなりません。

もちろん、楽しい動きもたくさんあります。普段は素体での運動をしているので、板吊りやキャンプなどのトレーニングがより楽しくなります。そして、よく行われるボルダリングクライミングは問題が短いのでアクセスしやすく楽しいです。でも、まだ登山を始めて1年なので、自分に自信のある技が選べるとは思えません。

今日の撮影ではWavewearを着ることにしました。どのように見つけていますか?

登山中は、肘、指、手首、肩など、多くの怪我をする可能性があります。

今回の撮影ではウェーブウェアのアームスリーブ、コンプレッションTシャツ、リストガード、エルボーパッドを着用しましたが、しっかりとホールドされていることが実感できました。

特にアームスリーブを片腕だけ着用した場合と比べてみると、前腕の筋肉への当たりが少しきつく感じられたのでかなり効きました。

そしてクライミングでは、ラウンドホールドをスロープホールドと呼びます。握るピンチ動作は手首に大きな負担がかかります。リストプロテクターを装着することで確実に怪我を防いでいるように感じました。

クライミングで最も役立った製品はどれですか?

アームスリーブの商品が選べると思います。私は前腕の筋肉をよく使うので、クライミングの際に持っているような感覚で気に入っています。

機能性には大変満足しています。

2022年~バクローゼチームメンバー

2019 ~ バイクチーム