ボンウ・ユン

バレーボール選手、イッツバリ代表
200cm | 89kg

バレーボールを始めたきっかけは?

運動を始めたのは中学2年生の時。他のプレイヤーと比較してください。遅刻だ。背が高かったので体育の先生に勧められました。それ以来、故郷の麗水と練習場のある木浦を行き来しながら選手としてのキャリアを続けてきました。大学卒業後、現代キャピタルでキム・ホチョル監督と出会い、バレーボールに目覚めた。

頭と体で様々な戦術や技術を学び、バレーボールの素晴らしさを学びました。日本でのキャリアを終えることで、将来のバレーボール人生のビジョンを確立することができました。

韓国で男子バレーボールのナンバーワンをブロックしている秘訣は何ですか?

手を叩いて一瞬で地面に落ちると、ブロッキングは非常に魅力的です。だから、もっと分析して自分のスキルを磨きました。キャリアを重ねていくうちに視野が広がってきたので、両者の相乗効果で良い結果が得られたと思います。チームメイト(チョン・グァンイン、ソ・ジェドク)のサポートのおかげでもあります。

そして、ミカサ王子の助けもありました。サードパーティボールは反発力が強いので、ミカサボールをたくさん触らないと国際試合の競争力を確保できないと思います。ストライカーから見るとあまり差はないが、レシーバーやリベロの場合は感覚的な違いが多い。

プロとしての最後の日を日本で過ごしましたね。韓国との違いは?

引退を考えていたところ、良いオファーが来て、外国でプレーしてみたい(海外経験)とずっと思っていたので、迷わず日本に行くことにしました。

韓国はスピードバレーボールにシフトしているが、高いところから力強く打てるのが強みだ。日本のバレーボールは、より低く、より速く洗練されることに重点を置いています。それぞれに一長一短があるので、うまく組み合わせるのが賢明だと思います。また、日本のプロチームの下での若者のトレーニングを見て、韓国がプレッシャーなくバレーボールを学ぶことができたらいいなと思いました。その決意のもと、イッツバリというバレーボールのトレーニングセンターを設立しました。

私は興味がある。イッツバリとの違いは?

私たちのモットーは楽しむバレーボールです。小学1年生から小学57年生まで、さまざまな年代の男女が、イッツバリを通してバレーボールというスポーツに惹かれることを願っています。興味があっても周りに学ぶ場所がない。そのため、挑戦するのが難しいスポーツとして認識されていますが、実はバレーボールは習得しやすいスポーツです。そのため、イッツバリはバレーボールの敷居を下げようとしています。チームスポーツとしてのバレーボールの素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい。若い友人がバレーボールを通して成長するのを見るとやりがいを感じます。

エリート選手の場合、プロのバレーボールトレーナーがプロの技術はもちろん、体系的な分析による姿勢矯正などのきつい部分を指導。

通常、チームでトレーニングを行う場合、個人に与えられる時間は 15 ~ 20 分程度であり、現在の教育システムではエリートを育成するには不十分です。そのため、エリートアスリートと体育を学びたい一般の学生の両方にとってより良い環境を作るという決意でイッツバリを運営しています。

ウェーブウェアを着てみてどうですか?

コンプレッション ティー (T20) は確かに優れています。ゲーム中に動くたびに感じた転がり感は、多くのコンプレッション製品を試したときに不快に感じました.ただ、ウェーブウェアの場合は、生地の中にある粘着シリコンが背中をしっかりとホールドしてくれるので、乾燥現象はありませんでした。汗をかくほど密着性が良くなるので、すごかったです。 T20の肩のテーピングとウエイトは上半身に良い影響を与えたようです。前腕プロテクターF1ポールアームスリーブと膝プロテクターK2も前腕と膝の関節部分をしっかりと押さえます。そのため、いつもより自信を持ってさまざまな動きをすることができました。

あなたの将来の計画は何ですか?

来年中に海外指導者資格を取得する予定です。

その前に、韓国のバレーボールやその他のスポーツに対する大衆の関心が今のままであることを願っています。バレーボールファンは、プロの試合を訪れてサポートすることで、スポーツのさらなる発展に貢献できます。ですから、サッカーのFAカップのように、プロとアマチュア(オールタイムスポーツ)が一体となった試合が実現することを願っています。

また、2022バレーボールチャレンジャーカップ(VCC)での韓国男子バレーボールチームの試合にも感銘を受けました。とはいえ、若い選手たちが現在のスキルにとどまるのではなく、さまざまな国際試合を経験することを奨励することによって、世代交代を成功させる必要があります。来年のパリ五輪も大事ですが、長期的な視点でのバレーボール発展の土台が築かれることを願っています。また、韓国のバレーボールを発展させ、バレーボールの全体的な認識を変えるために、さまざまな方法を研究して試してみたい.