ウェーブカンパニー、マスチャレンジファイナリスト選考

スポーツテーピングコンプレッションウェアを開発した「ウェーブカンパニー」(代表取締役社長 チョ・ナヨン)が先月28日、「スタートアップオリンピック」と呼ばれる「マスチャレンジUS」で2021年のファイナリストに選ばれた。ウェーブカンパニーは、韓国マスチャレンジで6社目のファイナリストに選ばれました。マスチャレンジのファイナリストに選出されたアジア初のスポーツウェアブランドです。最終リストに掲載された企業は、米国で 4 か月間の集中的なメンタリングを受けます。今回は5名のメンターを選ぶチャンスが与えられます。

今年度のメンタリングは、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により非対面で実施されます。チョ代表は、非対面のメンタリングを通じて、スポーツテックだけでなく宇宙分野のメンタリングも受ける予定だ。メンタリングを受けることができるのは1部門のみですが、非対面で実施されるため、さらに1部門を追加することができます。

多くの場合、ハーバードなどの有名大学の教授がメンタリングを担当しているため、韓国では難しい商談の機会を得ることができます。一方、メンタリングを受けた2,900社の総売上高は36億ドル(約4兆7,330億ウォン)で、186,000以上の雇用を生み出した。今年の Mass Challenge には、世界中から 3,000 以上のチームが応募しました。

スポーツ テックを運営するオースティンのファイナリストとして、30 チームが 100 対 1 の競争を勝ち抜きました。選択は、公共への影響、適合性および実現可能性に基づいています。 Wave Company は、スポーツ テクノロジーにおけるハイテク技術が認められ、ファイナリストに選ばれました。

Wave Companyのチョ・ナヨン代表は「当社の技術力と成長力を確認する機会だった」と述べた。 「目標は、次の4か月に向けて十分に準備し、優れたチームとして選ばれることです.粘着性シリコーン) 技術は、ウェーブウェアを製造および販売するために開発されました。 BWAS™はペーストのように密着性が良く、洗濯しても持続するので半永久的に使用できます。ウェーブウェアは、履くだけでスポーツテーピング効果が生まれます。

現在ウェーブ社は、導電性シリコーン技術であるエレクシル™の開発により、医療分野への進出を計画しています。 Elexilを衣服の内側に装着することで、心電図や筋電図などの身体情報を測定。 EMSデバイスに接続すると電子を放出できるシリコンです。さまざまなウェアラブル感覚に接続できます。将来的には VR や医療業界で使用できます。

EMS(Electronic Muscle Stimulation)ウェアが今年発売されます。 AI専門企業と連携し、心拍数、筋肉、体温を計測できるEMSウェアを開発中。また、中央大学校材料科学工学科、崇実大学校材料科学工学科と協力して、VR環境で涼しさと暖かさを感じることができるスマート服を開発しています。マス チャレンジは、世界最大のスタートアップ コンテストです。

出所:韓国繊維新聞(http://www.ktnews.com)