ソ・ヨンソク

AmazymのCEO、フィットネスモデル
185cm | 90キロ

どのようにワークアウトを始めましたか?

私がスポーツとの関わりを始めたのは、サッカーのスペシャリストとして大学に入学したときでした。大学卒業後、ジーンズに白Tシャツでかっこよくなりたいと体作りを始めましたが、自分が変わっていくのを見て自信がついたので、大会に向けて準備をしました。スタート早々、第1回大会でグランプリを獲得。私は終わりを決心し、その瞬間、私は自分の道がこれであると知った.

その時のステージで感じた圧倒的な感動が忘れられないので、着実に大会に出場し、今に至るまで順調に進んでいます。現在はプロ選手として活躍し、個人PTショップ「Amazym」を運営。


Amazynのユニークな違いは何ですか?

体がいいという基準に正解はないと思います。ただし、独自の存在感を生み出す自信は非常に重要です。 「存在感」は生まれ持ったものではなく、作り出されるものだと思っておりますので、メンバー全員が内なる自信を持ち、外から健康な体を完成させることを積極的にサポートしております。

具体的には、肩を引き締め、体に自信をつけ、脂肪を増やさずに筋肉だけをバルクアップする無駄のないマスアップ運動法で、完璧なビフォーアフターを可能にします。

スポーツ選手ではなく、一般の方がスポーツを楽しんだり、大会に参加している姿を見ると、誇らしく思います。

大会準備の中で印象に残っているエピソードはありますか?

大きな大会の準備をしていると、膝の怪我をしやすくなります。ただ、毎回スポーツテープを体に貼るのが少し面倒なことが多かったです。

ただし、ウェーブウェアの利益は、必要な関節と筋肉にシリコンテーピングが埋め込まれていたため、着用するだけで筋肉が引き締まったように感じました.

特に汗をかくほど体に密着するのが面白いです。そのため、より快適に大会の準備をすることができました。

どの Wavewear 製品が役に立ちましたか?

スクワットで可動域を超えると膝が痛くなった。しかし、メンズレギンスL20を履いてからは痛みが少なくなったので、運動能力が格段に上がりました。特に、下半身のエクササイズを行うと、ルーチンをより速く完了する能力に非常に満足しました.

装着して、様々なスポーツ用品を使いながら効果を実感できました。なので、下半身のエクササイズにいつも使っているアイテムになりました。履いて運動しても効果は感じますが、他のコンプレッションタイツに比べて運動後の疲れが少ないです。

今後の目標が気になります。

フィットネス関連のイベントやモデル活動で培った競技経験やノウハウをもとに、「Circlass」クルー選手の育成に努めていきたいと思います。私を信頼し、私の目標を共有する人々と素晴らしい競争の舞台を作ることが私の目標です.

また、ステージに立つという最初の決意を失うことなく、自分の体の世話を続けたい. 「ソ・ヨンソク」として最高のスポーツモデルとして認知されたいです。