ボム・ジュン・シン

KT WIZ 投手、背番号 57
189cm | 85キロ

KT WIZの特別なところは何ですか?

2部だからかもしれませんが、ヘッドコーチやコーチは選手の意見をできるだけ反映させるべきです。

そういう雰囲気が好きです。私は水原で生まれ育ちました。だから、自然と地元のチームが好きになりました。

私も幼い頃にKT財団に参加してファンになりました。

高校に入学する前に肘の手術を受けました。状況はどうでしたか?

肘を痛めました。

いずれにせよ、病院は私に手術をしなければならないと言いました。それで中学3年生の時、シーズン終了後に手術をしました。

高校1年生までリハビリをしていました。 2年生でまた遊べるように事前に準備しました。

手術後、今は元気です。

手術後は怪我をしないように筋力トレーニングが欠かせないと感じており、常にトレーニングに力を入れています。試合前のウォーミングアップもしっかりしています。

あなたはプロとしての人生を始めたばかりだと言えます。プロ選手になって何か違うことはありますか?

野球は高校時代も楽しかったけど、今はもっと楽しいと思う。

学生時代、野球で良い結果を出さなければならないのでとても緊張しました。

うまく投げられなくても、コーチはやりたいことをやるように励ましてくれました。いつでも交換します。

プロの選手になるにつれて、自分で見つけて運動する能力が向上しました。学生時代はプログラムに参加していましたが、今では自分に何が欠けているのかを理解しています。

あなたは野球の経験が豊富なはずです。印象に残っているエピソードはありますか?

ワールド・リトル・ベースボール・ワールド・シリーズ・インターメディア・コンペティションを覚えています。

一緒にプレーしてきた選手と海外の選手は全然違いました。

中学1年生の時で、身長は165cmでした。しかし、身長が185cmを超える外国人選手もいます。

投球フォームや動きが見られて楽しかったです。そういう球を打てて楽しかったです。

Wavewearを着て特に楽しかったことはありますか?

ウエイトトレーニングでL20とT20を履いています。

テーピングは筋肉に効果があると思うのでよく効きます。

姿勢が安定しました。

T20は特に楽しかったです。ウェイトトレーニングをしている時、私は緊張していました。でもテーピングで肩を押さえると安定感がありました。

今後の目標は?

フォームで投球するよりも、マウンドに上がって気持ちよく投げることを目指しています。

メンタルの改善に努めています。そのために、マウンドに上がる前に、かなり心をコントロールしています。

結果が出るように、できる限り多く持つようにしています。

今年はできるだけ多くの試合に出場できるようにトレーニングを計画しています。

2021年 ~ KT WIZに参加

2020年~ ジャンナ高校野球部