キム・ジュンヒョン

Kiwoom Heroes ピッチャー ナンバー 93
181cm | 85キロ

キャリアを始めるにあたって、野球のどのような魅力に惹かれましたか?ピッチャーになったきっかけはありますか?

父が野球好きだったので影響が大きかった。

父は財政難でプレーできなかった.その後、社会人として野球に打ち込む。

幼い頃、父が野球をしているのを見て野球が好きになりました。彼のおかげで、彼は私を信頼し、たくさんサポートしてくれました。

学生時代は他のポジションも試しましたが、野手よりも投手の方が向いていると判断しました。

高校時代から本格的にピッチングを始める。

プレイヤーとしての長所と短所は何だと思いますか?

瞬発力が強みだと思います。

速球や変化球には自信がありますが、ボールを投げるときの記録は安定していません。

偏差値が高いので補足が必要です。

メンタルの問題だと思います。速度はかなり妥当です。

でも、もっといいボールをもっと強くしたいので、力はついてきていると思います。

高校では、フェニックス旗準々決勝の試合に出場しました。そのときの状況を詳しく教えてください。

コーチはかつて私と他の 2 人の選手に尋ねました。

「どちらがより自信がありますか?」

自分の良いところを見せられなくて自信がなかった。しかし、スタジアムに向かう途中で、コーチは私がスターターだと言いました。

信頼できるボールを持っているので、ネガティブなことを考えずに自信を持って投げるように言われました。ゲームは本当にうまくいきました。

あの時から成長したと思うし、コーチには本当に感謝している。

今後、研修を通じて改善したいこと、伸ばしたいことはありますか?

ピッチャーは一貫していなければなりません。

なので、バランスをとるために、トレーニング後に毎日シャドー(タオルを使った投球フォームの練習)をしています。

ボールを投げると腕に負担がかかります。

ボールをたくさん投げる日は、腕がだるくなるまで練習します。

何よりも自分のメンタル面に気を配っています。私のピッチングコーチとチームリーダーは私を大いに助けてくれました.

Wavewearを着ていて特に楽しかったことはありますか?

私は慢性的な膝の問題を抱えていました。 CTに問題はありません。

だから高校時代はウェーブウェアのような膝サポーターを使っていました。

しかし、それが私の膝を支えただけだったのは残念でした.

ウェーブウェアのレギンスL1は程よい締め付け感で、膝が揺れるだけでなく、足全体をホールドしてくれます。なので安定感があります。

とても気に入っているので、試合のたびにいつも着ています。

今後の目標は?

時々、いつ1部に行けると思うか聞かれることがあります。

ドラフト後の面接で毎回言ってます。 2部でしっかり練習して、来年は1部でプレーしたいです。

私を信じて、可能性があると言ってくれる人のために、私は頑張っています。

2021年 ~ Kiwoom Heroesに参加

2020 ~ 城南高校野球部